• HOME > 
  • 施工の流れ

施工の流れ

下記の流れに沿って施工いたします

お問い合わせ

まずは当社までお問い合わせいただき、塗装について気になることをご質問ください。

現地調査

具体的な見積もりをご希望の場合は、無料で現地調査を行い、塗装面積を計算させていただきます。
また、簡単な打ち合わせをさせていただきます。
自然環境を考慮して、どの様な塗料がオススメか提案させていただきます。

御見積

打ち合わせをもとに、取り決めた期日までに見積り致します。
御見積りまでが無料となっています。

ご契約

見積もり内容をご了承いただきましたら、いざご契約です。
契約書にご記入をお願いいたします。

足場を組みます(1日目)

足場は安全・快適に作業するたためだけでなく、ご近所へほこりや塗料が飛散しない様に配慮しながら組む必要があります。

高圧洗浄前の下処理(2日目)

腐食している箇所はしっかりケレンで錆取り。
錆を取り除かないと錆が早く出てきやすいので大事な下地処理です。
この下処理は塗装を長持ちさせる大切な行程です。

高圧洗浄(2日目)

施工箇所の高圧洗浄を行い、たまった汚れやコケを落とします。
一言で高圧洗浄と言いましても、どの様な機械を使うかと、知識を持って行うかで汚れの落ち方が大きく変わります。一般家庭用の高圧洗浄機では、なかなか汚れは落ちません。
この高圧洗浄も塗装の耐久性に大きく影響します。

コーキングと軒天塗装(3日目)

サッシ回りや壁のつなぎ目など、隙間のできるところにコーキングを行います。
塗装・塗替え後の印象が大きく変わりますので、職人が丁寧なコーキングを行います。

また、軒天の塗装もこの段階で行います。軒天は、1回塗りの塗装業者も多いようですが、当社ではキレイさ、耐久性を考え2回塗りを行っています。

下塗り(4日目)

屋根・壁材と接する下塗りは、とても大事。
中塗り・上塗りをどんなに丁寧に行っても、下塗りした塗料がはがれると、すべてがはがれます。
起こりやすい問題としては、屋根・壁材と下塗り塗料の間に空気が入ってしまい、ふくらみが出る症状です。
空気が入ると、どんどん塗装がはがれてきますので、そういった問題が起こらない塗装前の処理が必要です。

中塗り(4~5日目)

通常、中塗りと上塗りは同じ塗料で行います。そのため、手を抜かれやすい工程でもあります。
きちんと中塗りを行っているかの確認はもちろんですが、
1.下塗りと中塗りは時間をあまり空けない(できれば同じ日に行う)
2.中塗りと上塗りは別日におこなう
3.中塗りも厚塗りをする
などを意識すると、より長持ちする塗装となります。
当社では、「耐久力」を最優先に膜厚中塗りを行います。

上塗り(5~6日目)

3回目の塗装、上塗り・仕上げ塗りです。
一般の方が見た場合、塗ったばかりだと1回塗りなのか3回塗りなのか見分けがつきません。しかし、15年持つ塗料でも、手抜き工事をしてしまうと1年で差が出てしまいます。
当社では耐久性があり、安心安全な塗装を行っています。

破風塗装・養生撤去・鉄部塗装(7~8日目)

細かな部位の塗装を行って塗装完了です。

足場の解体・掃除(9~10日目)

塗装全体の最終チェックを行い、問題なければ足場の解体とチェックを行います。

お引き渡し(11~12日目)

全ての作業が終わり、引き渡しとなります。
お引き渡し後も、お気づきの点があればお気軽にお申し付けください。
すぐに状況確認を行い、対処させていただきます。

「塗装のことならなんでも」お気軽にお問い合わせください。